3級FP過去問解説(学科)2020年1月【57】

(57)

贈与税の配偶者控除は、婚姻期間が( ① )以上である配偶者から居住用不動産の贈与または居住用不動産を取得するための金銭の贈与を受け、所定の要件を満たす場合、贈与税の課税価格から基礎控除額とは別に( ② )を限度として控除することができるものである。

  1. ① 15年 ② 2,000万円
  2. ① 20年 ② 2,000万円
  3. ① 20年 ② 2,500万円


[正解] 

[解説]

贈与税の配偶者控除は、最高2,000万円の配偶者控除が受けられる制度である。おもな要件は次のとおりである。
・婚姻期間20年以上
・居住用不動産(現物)または居住用不動産のための資金の贈与であること
・贈与年の翌年3月15日までに居住を開始し、引き続き居住し続ける見込みであること

[要点のまとめ]

error: Content is protected !!