3級FP過去問解説(学科) 2021年1月 (14) 外貨建て金融商品

(14)

外貨預金の預入時に、預金者が円貨を外貨に換える際に適用される為替レートは、預入金融機関が提示するTTBである。



[正解] × (不適切)

[解説]

TTBは、Telegraphic Transfer Buying Rateの略で、顧客が外貨から円に換えるときの為替レートである。
円から外貨に換えるときの為替レートは、TTS(Telegraphic Transfer Selling Rate)である。


[要点のまとめ]
外貨建て金融商品

外貨建て金融商品は、取引において米ドルや豪ドルなど外貨建てで行われる金融商品である。

為替相場(為替レート)

TTB
Telegraphic Transfer Buying Rate
顧客が【外貨⇒円】に換えるときのレート
TTM
Telegraphic Transfer Middle rate
為替取引を行う基準となるレートで、TTBとTTSの平均値。
TTS
Telegraphic Transfer Selling Rate
顧客が【円⇒外貨】に換えるときのレート

・為替手数料を1円、TTMを100円とすると、TTSは101円、TTB99円となる。

error:Content is protected !!