3級FP過去問解説(学科) 2021年1月 (47) 所得の種類

(47)

国内において支払を受ける預貯金の利子は、原則として、所得税および復興特別所得税と住民税の合計で( ① )の税率による( ② )分離課税の対象となる。

  1. ① 10.21% ② 申告
  2. ① 20.315% ② 申告
  3. ① 20.315% ② 源泉


[正解] 3

[解説]

預貯金の利子は、利子所得である。利子所得は、20.315%の源泉分離課税である。


[要点のまとめ]
所得の種類

利子所得

1. おもな利子所得
次のような収入が利子所得に該当する。
・預貯金の利子 ・公社債の利子 ・公社債投資信託の収益分配金 など

2. 利子所得の計算
利子所得の金額 = 収入金額

3. 課税方法
(1) 預貯金の利子や公社債の利子 など
 20.315%(所得税15.315%、住民税5%)の源泉分離課税
(2) 公社債投資信託の収益分配金 など
 申告分離課税(申告不要制度もある)

error:Content is protected !!