3級FP過去問解説(学科) 2021年5月 (16) 税制・所得税の基礎知識

スポンサーリンク

(16)

所得税において源泉分離課税の対象となる所得については、他の所得金額と合計せず、分離して税額を計算し、確定申告によりその税額を納める。



[正解] × (不適切)

[解説]

所得税において源泉分離課税の対象となる所得については、他の所得金額と合計せず、分離して税額を計算し、課税関係は終了する(確定申告は不要である)。


[要点のまとめ]
税制・所得税の基礎知識

    目次

  1. 税制の基礎知識
  2. 所得税の基礎知識

1 税制の基礎知識

1. 直接税と間接税
税金は、税金を負担する人と納める人が同じである直接税と負担する人と納める人が異なる間接税に分けることができる。

2. 国税と地方税
税金は、国が課税する国税と地方公共団体が課税する地方税に分けることができる。また地方税には道府県税と市町村税がある。

直接税間接税
国税所得税、法人税、相続税、贈与税消費税、印紙税、登録免許税
地方税道府県税道府県民税、不動産取得税、事業税地方消費税
市町村税市町村民税、固定資産税市町村たばこ税

2 所得税の基礎知識

1. 総合課税と分離課税
・各所得金額は原則として総合課税であり、合算して税率をかける。またほかの所得とは区別して課税される分離課税もある。
基礎知識分離課税は、税額を申告する申告分離課税と源泉徴収されて納税が完了する源泉分離課税がある。

【報告する】誤字脱字・解答解説ミスなど 誤字脱字・解答解説誤りなどございましたら、お手数ですがご報告をお願いいたします。

error:Content is protected !!