(保険顧客)3級FP 2017年1月 問5

【第2問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問4》~《問6》)に答えなさい。


《問5》 次に、Mさんは、提案している個人年金保険の課税関係について説明した。MさんのAさんに対する説明として、次のうち最も不適切なものはどれか。

  1. 「【パターン1】【パターン2】ともに、私が提案している個人年金保険には個人年金保険料税制適格特約を付加しています。Aさんが支払う保険料は個人年金保険料控除の対象となり、年間の適用限度額は所得税で40,000円、住民税で28,000円です」
  2. 「【パターン1】【パターン2】ともに、Aさんが毎年受け取る年金は雑所得に該当し、所得税および住民税の課税対象となり、公的年金等控除の適用を受けることができます」
  3. 「【パターン2】において、Aさんが年金支払開始の際に確定年金を一括して受け取った場合、その一時金は一時所得に該当し、所得税および住民税の課税対象となります」


[正解]  (適切)[配点] 

[解説]
解説はございません。更新をお待ちください。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...