(保険顧客)3級FP 2017年5月 問7

【第3問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問7》~《問9》)に答えなさい。


《問7》 X社は、役員退職金規程に基づき、Aさんに役員退職金を支給する予定である。MさんのAさんに対するアドバイスとして、次のうち最も不適切なものはどれか。

  1. 「法人税法上、X社はAさんに対して『役員最終報酬月額×役員在任年数×功績倍率』の算式で計算した額を超える役員退職金を支給することはできません」
  2. 「X社がAさんに支給する役員退職金のうち、役員退職金の額として相当であると認められる額を超える部分については、法人税法上、損金の額に算入されません」
  3. 「AさんがX社から受け取る役員退職金に係る退職所得の金額は、『(退職手当等の収入金額-退職所得控除額)×1/2』の算式で計算します」


[正解]  (不適切)[配点] 

[解説]
解説はございません。更新をお待ちください。

error: Content is protected !!