(保険顧客)3級FP 2017年9月 問4

【第2問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問4》~《問6》)に答えなさい。


《問4》はじめに、Mさんは、必要保障額の考え方についてアドバイスした。MさんのAさんに対するアドバイスとして、次のうち最も不適切なものはどれか。

  1. 「必要保障額の算出は、Aさんがお亡くなりになったときのご家族の生活資金等が不足する事態を回避するための判断材料となります。必要保障額は、通常、長女Cさんの成長とともに逓減します」
  2. 「必要保障額を大きく左右する項目として、住居費用が挙げられます。仮に、夫が住宅ローン(団体信用生命保険に加入)を利用して自宅を購入した後に死亡した場合、通常、住宅ローン債務は妻が弁済することが多いため、必要保障額の計算上、住宅ローンの残債務は遺族に必要な生活資金等の総額に含めます」
  3. 「遺族の収入見込金額を計算する際には、公的年金の遺族給付のおおよその金額を把握することが必要です。そのほか、妻Bさんの就労収入については、現実的な範囲内の金額を見込んでおくとよいでしょう」


[正解]  (不適切)[配点] 

[解説]
解説はございません。更新をお待ちください。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...