(保険顧客)3級FP 2017年9月 問7

【第3問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問7》~《問9》)に答えなさい。


《問7》 仮に、将来X社がAさんに役員退職金5,000万円を支給した場合、Aさんが受け取る役員退職金に係る退職所得の金額の計算式として、次のうち最も適切なものはどれか。なお、Aさんの役員在任期間(勤続期間)を29年3カ月とし、これ以外に退職手当等の収入はなく、障害者になったことが退職の直接の原因ではないものとする。

  1. 〔5,000万円-{800万円+70万円×(30年-20年)}〕× 1/2 =1,750万円
  2. 〔5,000万円-{800万円+70万円×(29年-20年)}〕× 1/2 =1,785万円
  3. 〔5,000万円-{800万円+40万円×(30年-20年)}〕× 1/2 =1,900万円


[正解]  (適切)[配点] 

[解説]
解説はございません。更新をお待ちください。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...