(生保顧客)3級FP 2018年5月 問10

【第4問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問10》~《問12》)に答えなさい。


《問10》 Aさんの平成29年分の所得税における所得控除に関する以下の文章の空欄①~③に入る語句の組合せとして、次のうち最も適切なものはどれか。

ⅰ)Aさんが適用を受けることができる配偶者控除の控除額は、( ① )である。
ⅱ)長女Cさんの合計所得金額は( ① )を超えるため、Aさんは長女Cさんに係る扶養控除の適用を受けることができない。Aさんが適用を受けることができる扶養控除の控除額は、( ② )である。
ⅲ)所得控除のうち、雑損控除、医療費控除および( ③ )の3種類の所得控除については、年末調整では適用を受けることができないため、これらの控除の適用を受けるためには所得税の確定申告が必要となる。

  1. ① 38万円 ② 63万円 ③ 寄附金控除
  2. ① 38万円 ② 38万円 ③ 小規模企業共済等掛金控除
  3. ① 65万円 ② 38万円 ③ 配当控除


[正解]  (適切)[配点] 

[解説]
解説はございません。更新をお待ちください。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...