(生保顧客)3級FP 2019年1月 問8

【第3問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問7》~《問9》)に答えなさい。


《問8》 Mさんは、《設例》の生命保険について説明した。MさんのAさんに対する説明として、次のうち最も不適切なものはどれか。

  1. 「当該生命保険は、保険期間開始のときから当該保険期間の6割に相当する期間においては、支払保険料の2分の1を資産計上し、残りの支払保険料は期間の経過に応じて損金の額に算入します」
  2. 「当該生命保険の単純返戻率は、保険期間の途中でピーク時期を迎え、その後は低下し、保険期間満了時には0(ゼロ)になります」
  3. 「X社が当該生命保険契約を長男Bさんが65歳のときに解約した場合、解約時点における資産計上額を取り崩し、解約返戻金額との差額を雑損失として、その事業年度の損金の額に算入します」


[正解]  (不適切)[配点] 

[解説]
解説はございません。更新をお待ちください。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...