(個人資産)3級FP 2017年9月 問3

問3

Mさんは、AさんがX社を65歳で退職した場合、原則として65歳から受給することができる老齢厚生年金の年金額(平成29年度価額)を試算した。Mさんが試算した老齢厚生年金の年金額のうち、報酬比例部分の額(本来水準の額)を算出する計算式として、次のうち最も適切なものはどれか。

[解答]3

[配点]4

[解説]

解答解説[表示]

error: Content is protected !!