(個人資産)3級FP 2017年9月 問12

問12

民法における瑕疵担保責任に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
1) Aさんが甲マンションに入居後、隠れた瑕疵が判明し、AさんがXさんの瑕疵担保責任に基づく損害賠償の請求をする場合、Aさんはその隠れた瑕疵があることを知った時から1年以内に権利を行使しなければならない。
2) 民法における瑕疵担保責任は強行規定であるため、XさんおよびAさんの合意があっても、「売主は瑕疵担保責任を負わない」とする特約は無効である。
3) Xさんは、甲マンションに隠れた瑕疵があることを知らなかった場合、その瑕疵について瑕疵担保責任を負う必要はない。

[解答]1

[配点]3

[解説]

解答解説[表示]

error: Content is protected !!