3級FP過去問解説(個人資産) 2018年1月 (問5)

スポンサーリンク

【第2問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問4》~《問6》)に答えなさい。


問5

Mさんは、Aさんに対して、AさんがY社債を購入する場合の留意点等について説明した。Mさんの説明として、次のうち最も不適切なものはどれか。

  1. 「債券や債券の発行体の信用状態に関する評価の結果を記号等で示したものを信用格付といい、一般に、BB(ダブルB)格相当以上の格付が付されていれば、投資適格債券とされます」
  2. 「一般に、信用格付の高い債券は、表面利率や償還期限等の他の条件が同一であれば、信用格付の低い債券と比較して、債券価格は高く、利回りは低くなります」
  3. 「Y社債の利子については、原則として、利子の支払時において所得税および復興特別所得税と住民税の合計で20.315%の税率による源泉(特別)徴収がされます」


[正解] 1 (適切)
[配点] 3  (点)

[解説]

投資適格債券は、BBB(トリプルB)以上である。

  1. [解説]

  2. [解説]

  3. [解説]

[要点のまとめ]

【報告する】誤字脱字・解答解説ミスなど 誤字脱字・解答解説誤りなどございましたら、お手数ですがご報告をお願いいたします。

error:Content is protected !!