3級FP過去問解説(個人資産) 2018年1月 (問11)

スポンサーリンク

【第4問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問10》~《問12》)に答えなさい。


問11

仮に、Aさんが丙土地と丁土地を購入し、丙土地と丁土地を一体とした敷地上に住宅を建築する場合、建築基準法による最大の建築面積は、次のうちどれか。

  1. 10m × 18m × 60% = 108㎡
  2. 10m × 19m × 60% = 114㎡
  3. 10m × 19m × 100% = 190㎡


[正解] 2 (適切)
[配点] 3  (点)

[解説]

建ぺい率は、緩和措置があるかどうか考える。
防火地域に建てる耐火建築物、特定行政庁の指定を受けた角地でもないため、緩和措置はなく建ぺい率は60%である。
南側の道路は幅員4mに満たないため、中心線から1m後退させなければならない。
よって、奥行きは19mとなる。

  1. [解説]

  2. [解説]

  3. [解説]

[要点のまとめ]

【報告する】誤字脱字・解答解説ミスなど 誤字脱字・解答解説誤りなどございましたら、お手数ですがご報告をお願いいたします。

error:Content is protected !!