3級FP過去問解説(個人資産) 2018年1月 (問15)

スポンサーリンク

【第5問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問13》~《問15》)に答えなさい。


問15

  1. 「Aさんの相続における遺産に係る基礎控除額は、5,400万円です」
  2. 「長女Dさんが相続により財産を取得した場合、平成29年5月にAさんから贈与を受けた現金300万円については、贈与税の申告書を提出する必要があります」
  3. 「Aさんの相続人が相続税の申告をする場合、原則として、その相続の開始があったことを知った日の翌日から10カ月以内に、相続税の申告書を提出しなければなりません」


[正解] 2 (適切)
[配点] 3  (点)

[解説]

1)法定相続人は4人なので、3,000万円+600万円×4=5,400万円
2)Aさんが亡くなった年に贈与を受けているため、生前贈与として相続税の課税対象となることから、贈与税の申告書を提出する必要はない。なお、相続により財産を取得していない場合は贈与税の申告書を提出する必要がある。

  1. [解説]

  2. [解説]

  3. [解説]

[要点のまとめ]

【報告する】誤字脱字・解答解説ミスなど 誤字脱字・解答解説誤りなどございましたら、お手数ですがご報告をお願いいたします。

error:Content is protected !!