(個人資産)3級FP 2018年5月 問8

問8

Aさんの平成29年分の所得税における所得控除に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
1) 妻Bさんは給与収入の金額が38万円を超えており、控除対象配偶者に該当しないため、Aさんは、妻Bさんについて配偶者控除(控除額38万円)の適用を受けることができない。
2) 長女Cさんは特定扶養親族に該当するため、Aさんは、長女Cさんについて扶養控除(控除額63万円)の適用を受けることができる。
3) 長男Dさんは控除対象扶養親族に該当しないため、Aさんは、長男Dさんについて扶養控除の適用を受けることができない。

[解答]1
[配点]3
[解説]

1)妻Bさんの給与収入は80万円で、給与所得控除額65万円を差し引くと、合計所得金額は15万円となり、38万円以下になる。収入ではなく所得金額で判定する。

[類問]>>3級解答解説一覧


    解答解説[表示]

    当サイトの運営者は、日本FP協会会員で、当サイトは、一般社団法人金融財政事情研究所よりファイナンシャル・プランニング技能試験の利用許諾を得ております。
    【平成30年1月30日許諾番号1801K000003】≫金融財政事情研究会 ≫日本FP協会

    error: Content is protected !!