(個人資産)3級FP 2018年5月 問10

問10

甲土地を取得する際の権利関係の調査に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
1) 法務局で甲土地の登記事項証明書の交付申請を行う場合、甲土地の所有者から当該交付についての承諾を得た旨の書面をもらい、申請時に提出する必要がある。
2) 甲土地の抵当権に関する登記の登記事項は、登記記録の権利部乙区で確認することができる。
3) 仮に、Aさんが登記の記載事項を信頼して甲土地を購入し、記載されていた登記名義人が真実の権利者ではなかった場合であっても、原則として、Aさんは、甲土地に対する所有権を取得することができる。

[解答]2
[配点]3
[解説]

1)登記事項証明書の交付申請は誰でも行うことができる。
3)登記を信頼して取り引きした場合に保護されることを公信力と言うが、登記には公信力がないため、Aさんは所有権を取得することができない。

[類問]>>3級解答解説一覧


    解答解説[表示]

    当サイトの運営者は、日本FP協会会員で、当サイトは、一般社団法人金融財政事情研究所よりファイナンシャル・プランニング技能試験の利用許諾を得ております。
    【平成30年1月30日許諾番号1801K000003】≫金融財政事情研究会 ≫日本FP協会

    error: Content is protected !!