(個人資産)3級FP 2018年5月 問15

問15

Aさんの相続が現時点(平成30年5月27日)で開始し、Aさんの相続における課税遺産総額(課税価格の合計額-遺産に係る基礎控除額)が1億5,000万円であった場合の相続税の総額は、次のうちどれか。
1) 2,200万円
2) 2,525万円
3) 2,650万円

[解答]2
[配点]4
[解説]

相続人が法定相続分で相続したとして、それぞれの相続税額を算出し合計する。
・法定相続人と法定相続分
 妻Bさん:1/2
 長女Cさん:1/6
 孫Fさん:1/6
 長男Eさん:1/6
・相続税
 妻Bさん:1億5,000万円×1/2=7,500万円
 7,500万円×30%-700万円=1,550万円
 長女Cさん:1億5,000万円×1/6=2,500万円
 2,500万円×15%-50万円=325万円
 ※孫Fさん、長男Eさんも同額
・相続税の総額
 1,550万円+325万円×3=2,525万円

[類問]>>3級解答解説一覧


    解答解説[表示]

    当サイトの運営者は、日本FP協会会員で、当サイトは、一般社団法人金融財政事情研究所よりファイナンシャル・プランニング技能試験の利用許諾を得ております。
    【平成30年1月30日許諾番号1801K000003】≫金融財政事情研究会 ≫日本FP協会

    error: Content is protected !!