3級FP過去問解説(個人資産) 2018年9月 (問14) 相続税の総額の計算

スポンサーリンク

【第5問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問13》~《問15》)に答えなさい。


 X県内の自宅で1人暮らしをしていたAさんは、平成30年8月10日に病気により死亡した。Aさんの夫は10年前に他界しており、Aさんの相続に係る法定相続人は長男Bさんのみである。
 長男Bさんは、故郷であるX県内には住んでおらず、東京近郊の都市に自宅を保有し、居住している。長男Bさんは、将来的にX県に戻る予定がないため、Aさんが1人で暮らしていた実家(敷地および建物)については、相続手続が終了後、売却したいと思っている。
 Aさんの親族関係図等は、以下のとおりである。

<Aさんの相続財産(相続税評価額)>
 ①現預金 : 4,000万円 
 ②自宅(実家)
  敷地(250㎡) : 3,500万円
  建物(昭和55年築) : 500万円
 ③賃貸アパート(全室、賃貸中)
  敷地(300㎡) : 4,000万円(「小規模宅地等についての相続税の課税価
  格の計算の特例」適用前の相続税評価額)
  建物 : 3,000万円

※上記以外の条件は考慮せず、各問に従うこと。

問14

Aさんの相続に係る課税遺産総額(課税価格の合計額-遺産に係る基礎控除額)が1億円であった場合の相続税の総額は、次のうちどれか。

  1. 1,220万円
  2. 1,600万円
  3. 2,300万円



[正解] 3 (適切)
[配点] 3  (点)

[解説]

法定相続人は長男Bさんだけなので、法定相続分は100%である。
よって、長男Bさんが1億円を受け取ったとして相続税を計算すればよい。
1億円✕30%-700万円=2,300万円

[要点のまとめ]
相続税の総額の計算

    目次

  1. 相続税における遺産に係る基礎控除額

1 相続税における遺産に係る基礎控除額

(算式)
 3,000万円 + 600万円 × 法定相続人の数

【報告する】誤字脱字・解答解説ミスなど 誤字脱字・解答解説誤りなどございましたら、お手数ですがご報告をお願いいたします。

error:Content is protected !!