3級FP過去問解説(個人資産) 2019年9月 (問6) 金融商品と税金

【第2問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問4》~《問6》)に答えなさい。


 会社員のAさん(28歳)は、将来に向けた資産形成のため、株式や投資信託による運用を考えている。Aさんは、先日、会社の先輩社員から「最初はNISAから始めるのがよいのではないか」と言われたが、よくわからないでいる。
 そこで、Aさんは、金融機関に勤務するファイナンシャル・プランナーのMさんに相談することにした。Mさんは、Aさんに対して、X社株式(東京証券取引所市場第一部上場)およびY投資信託を例として、説明を行うことにした。

<X社に関する資料>

総資産4,000億円
自己資本(純資産)2,400億円
当期純利益300億円
年間配当金総額120億円
発行済株式数8,000万株
株価4,200円
決算期12月31日

<Y投資信託(公募株式投資信託)に関する資料>
 銘柄名         :TOPIXインデックスファンド(つみたてNISA対象商品)
 投資対象地域/資産   : 国内/株式
 信託期間        : 無期限
 基準価額        : 12,500円(1万口当たり)
 決算日         : 年1回(9月20日)
 購入時手数料      : なし
 運用管理費用(信託報酬) : 0.1836%(税込)
 信託財産留保額     : なし

※《設例》および各問において、以下の名称を使用している。
・非課税上場株式等管理契約に係る少額投資非課税制度を「一般NISA」という。
・非課税累積投資契約に係る少額投資非課税制度を「つみたてNISA」という。

※上記以外の条件は考慮せず、各問に従うこと。

問6

最後に、Mさんは、「一般NISA」および「つみたてNISA」についてアドバイスした。MさんのAさんに対するアドバイスとして、次のうち最も不適切なものはどれか。

  1. 「X社株式を購入する場合は、一般NISAを利用してください。つみたてNISAでは、上場株式を購入することができません」
  2. 「つみたてNISAでは、対象銘柄を指定したうえで、累積投資契約に基づく定期かつ継続的な買付けを行います。非課税投資枠は年間40万円、非課税期間は最長20年となります」
  3. 「一般NISAとつみたてNISAは、同一年中において、併用して新規投資等に利用することができます。なお、一般NISAの非課税投資枠は年間120万円です」


[正解] 3 (不適切)
[配点] 3  (点)

[解説]

  1. 「X社株式を購入する場合は、一般NISAを利用してください。つみたてNISAでは、上場株式を購入することができません」
  2. [解説]
    適切である。つみたてNISAは、条件を満たした投資信託や上場投資信託が対象である。

  3. 「つみたてNISAでは、対象銘柄を指定したうえで、累積投資契約に基づく定期かつ継続的な買付けを行います。非課税投資枠は年間40万円、非課税期間は最長20年となります」
  4. [解説]
    適切である。つみたてNISAはの非課税枠は、年間40万円、最大20年間(800万円)である。

  5. 「一般NISAとつみたてNISAは、同一年中において、併用して新規投資等に利用することができます。なお、一般NISAの非課税投資枠は年間120万円です」
  6. [解説]
    不適切である。一般NISAとつみたてNISAは、同一年中において、併用して新規投資等に利用することはできない。

[要点のまとめ]
NISA

1 一般NISAの概要

概要年間120万円までの売却益・配当金が非課税となる
非課税期間5年
対象者国内に住む20歳以上の人
対象商品上場株式、株式投資信託、ETF、J-REIT(公社債や公社債投資信託は対象外)
備考・非課税枠の繰り越しはできない。
・NISA口座での損失は他の口座との損益通算はできない。
・NISA口座に他の口座にある株式を移管できない。

2 つみたてNISAの概要

対象者国内に住む20歳以上の人
口座開設1人1口座
対象商品条件を満たした投資信託や上場投資信託
非課税枠年間40万円
最大20年間(800万円)
備考・一般NISAとあわせて運用できない
・途中解約はいつでも可能

【報告する】誤字脱字・解答解説ミスなど 誤字脱字・解答解説誤りなどございましたら、お手数ですがご報告をお願いいたします。

error:Content is protected !!