3級FP過去問解説(個人資産) 2021年1月 (問5) 金融資産運用総合

スポンサーリンク

【第2問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問4》~《問6》)に答えなさい。


 会社員のAさん(30歳)は、株式や投資信託による運用を考えている。Aさんは、先日、会社の上司から「私は配当金と株主優待を目的に上場企業の株式を10銘柄以上保有している。投資未経験のAさんの場合、最初はつみたてNISAがいいのではないか」と言われた。
 そこで、Aさんは、金融機関に勤務するファイナンシャル・プランナーのMさんに相談することにした。Mさんは、Aさんに対して、X社株式(東京証券取引所市場第一部上場)およびY投資信託を例として、説明を行うことにした。

<X社に関する資料>

総資産1兆6,000億円
自己資本(純資産)9,600億円
当期純利益1,200億円
年間配当金総額450億円
発行済株式数3億株
株価4,000円
決算期3月31日

※決算期:2021年3月31日(水)(配当の権利が確定する決算期末)

<Y投資信託(公募株式投資信託)に関する資料>
 銘柄名 :日経225インデックスファンド(つみたてNISA対象商品)
 投資対象地域/資産     : 国内/株式
 信託期間         : 無期限
 基準価額         : 13,000円(1万口当たり)
 決算日          : 年1回(9月10日)
 購入時手数料      : なし
 運用管理費用(信託報酬)  : 0.187%(税込)
 信託財産留保額     : なし

※《設例》および各問において、以下の名称を使用している。
 ・非課税上場株式等管理契約に係る少額投資非課税制度を「一般NISA」という。
 ・非課税累積投資契約に係る少額投資非課税制度を「つみたてNISA」という。
※上記以外の条件は考慮せず、各問に従うこと。

問5

次に、Mさんは、Y投資信託について説明した。MさんのAさんに対する説明として、次のうち最も適切なものはどれか。

  1. 「Y投資信託のベンチマークである日経平均株価は、東京証券取引所市場第一部に上場している内国普通株式の全銘柄を対象とする時価総額加重型の株価指標です」
  2. 「つみたてNISAの対象となる投資信託は、Y投資信託のような投資対象地域を日本国内とする投資信託に限定されており、海外を投資対象地域とする投資信託は対象となっていません」
  3. 「つみたてNISAの対象となる公募株式投資信託は、Y投資信託のように、購入時手数料がゼロであることが要件の1つとなっています」


[正解] 3 (適切)
[配点] 3  (点)

[解説]

  1. 「Y投資信託のベンチマークである日経平均株価は、東京証券取引所市場第一部に上場している内国普通株式の全銘柄を対象とする時価総額加重型の株価指標です」
  2. [解説]
    日経平均株価は、東京証券取引所市場第一部に上場している銘柄のうち代表的な225銘柄を対象とした修正平均型の株価指標である。

  3. 「つみたてNISAの対象となる投資信託は、Y投資信託のような投資対象地域を日本国内とする投資信託に限定されており、海外を投資対象地域とする投資信託は対象となっていません」
  4. [解説]
    海外を投資対象地域とする投資信託も対象である。なお一般NISAも海外の投資信託は対象となっている。

  5. 「つみたてNISAの対象となる公募株式投資信託は、Y投資信託のように、購入時手数料がゼロであることが要件の1つとなっています」
  6. [解説]
    つみたてNISAの対象となる金融商品にはさまざまな要件を満たす必要があり、購入時手数料がゼロ(ノーロード)であることもその一つである。なお購入時手数料をゼロとしているのは公募株式投資信託であり、上場株式投資信託(ETF)は1.25%以下となっている。また口座管理料については両方ともゼロであることが要件となっている。

[要点のまとめ]
NISA

    目次

  1. 一般NISAの概要
  2. つみたてNISAの概要

1 一般NISAの概要

概要年間120万円までの売却益・配当金が非課税となる
非課税期間5年
対象者国内に住む20歳以上の人
対象商品上場株式、株式投資信託、ETF、J-REIT(公社債や公社債投資信託は対象外)
備考・非課税枠の繰り越しはできない。
・NISA口座での損失は他の口座との損益通算はできない。
・NISA口座に他の口座にある株式を移管できない。

2 つみたてNISAの概要

対象者国内に住む20歳以上の人
口座開設1人1口座
対象商品条件を満たした投資信託や上場投資信託
基礎知識国債や社債は投資対象商品ではない。
非課税枠年間40万円
最大20年間(800万円)
備考・一般NISAとあわせて運用できない
・途中解約はいつでも可能

【報告する】誤字脱字・解答解説ミスなど 誤字脱字・解答解説誤りなどございましたら、お手数ですがご報告をお願いいたします。

error:Content is protected !!