3級FP過去問解説(個人資産) 2021年5月 (問13)

スポンサーリンク

【第5問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問13》~《問15》)に答えなさい。


 Aさん(75歳)は、個人で不動産賃貸業を営んでいる。Aさんの推定相続人は、妻Bさん(70歳)、長女Cさん(45歳)および二女Dさん(40歳)の3人である。
 Aさんは、自身の相続に関して、不動産賃貸業を手伝ってくれている長女Cさんに賃貸ビルを相続させたいと考えているが、長女Cさんに偏った相続が行われると、長女Cさんと二女Dさんとの間で争いが起こるのではないかと心配している。

<Aさんの推定相続人>
 妻Bさん : Aさんおよび長女Cさんと同居している。
 長女Cさん : 会社員。Aさん夫妻と同居している。
 二女Dさん : 専業主婦。夫と子の3人暮らし。
<Aさんの主な所有財産(相続税評価額)>
 現預金 : 5,000万円
 自宅(敷地350㎡) : 6,000万円
 自宅(建物) : 2,000万円
 賃貸ビル(敷地500㎡) : 1億2,000万円
 賃貸ビル(建物) : 8,000万円
※敷地は、「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」適用前の金額

※上記以外の条件は考慮せず、各問に従うこと。

問13

Aさんの相続等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 「遺言により妻Bさんおよび長女Cさんが相続財産の大半を取得した場合、二女Dさんの遺留分を侵害する可能性があります。仮に、遺留分を算定するための財産の価額が3億円である場合、二女Dさんの遺留分の金額は7,500万円となります」
  2. 「死亡保険金を活用した代償分割の方法を考えた場合、契約者(=保険料負担者)および被保険者をAさん、死亡保険金受取人を長女Cさんとする終身保険に加入することも検討事項の1つとなります」
  3. 「遺産分割をめぐる争いを防ぐ手段として、公正証書遺言の作成をお勧めします。公正証書遺言は証人2人以上の立会いのもと、遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授し、公証人がこれを筆記して作成します」


[正解] 1 (不適切)
[配点] 3  (点)

[解説]

  1. 「遺言により妻Bさんおよび長女Cさんが相続財産の大半を取得した場合、二女Dさんの遺留分を侵害する可能性があります。仮に、遺留分を算定するための財産の価額が3億円である場合、二女Dさんの遺留分の金額は7,500万円となります」
  2. [解説]
    不適切である。遺留分割合は、
     直系尊属のみ:被相続人の財産の3分の1 ※遺留分の合計が3分の1となる
     その他:被相続人の財産の2分の1 ※遺留分の合計が2分の1となる
    である。二女Dさんの遺留分は、1/4 × 1/2 = 1/8 となる。よって、
     3億円 × 1/8 = 3,750万円
    となる。 

  3. 「死亡保険金を活用した代償分割の方法を考えた場合、契約者(=保険料負担者)および被保険者をAさん、死亡保険金受取人を長女Cさんとする終身保険に加入することも検討事項の1つとなります」
  4. [解説]
    適切である。契約者(=保険料負担者)および被保険者をAさん、死亡保険金受取人を長女Cさんとする終身保険に加入し、長女Cさんは受け取った死亡保険金で代償分割をすることができる。

  5. 「遺産分割をめぐる争いを防ぐ手段として、公正証書遺言の作成をお勧めします。公正証書遺言は証人2人以上の立会いのもと、遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授し、公証人がこれを筆記して作成します」
  6. [解説]
    適切である。公正証書遺言は証人2人以上の立会いのもと、遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授し、公証人がこれを筆記して作成する。

[要点のまとめ]

【報告する】誤字脱字・解答解説ミスなど 誤字脱字・解答解説誤りなどございましたら、お手数ですがご報告をお願いいたします。

error:Content is protected !!