(協会実技)3級FP 2016年9月 問11

スポンサーリンク

問 11
会社員の細川さんは、相続により取得した土地にアパートを建築して不動産の貸付けを行おうと考え、FPで税理士でもある千田さんに不動産の貸付けについて相談をした。千田さんが行った所得税の不動産所得に関する次の説明の空欄(ア)、(イ)にあてはまる語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。

<千田さんの説明>
不動産所得の金額の計算上、賃貸料のほかに、礼金、更新料などの名目で受け取るものについても総収入金額に含まれる。
また、不動産の貸付けをする際に受け取った敷金のうち、返還を要しない部分の金額は、返還を要しないことが確定した日において不動産所得の総収入金額に( ア )。
不動産の貸付けを事業的規模以外で行った場合、青色申告制度を利用すれば、青色申告特別控除として最大( イ )の控除を受けることができる。

1.(ア)含まれる (イ)10万円
2.(ア)含まれない (イ)10万円
3.(ア)含まれない (イ)65万円

[解答] 1

[配点] 5
[解説]
返還を要しない部分の金額は、返不動産所得の総収入金額に( ア 含まれる)。
不動産の貸付けを事業的規模以外で行った場合、青色申告特別控除として最大( イ 10万円)の控除を受けることができる。

解答解説

【報告する】誤字脱字・解答解説ミスなど 誤字脱字・解答解説誤りなどございましたら、お手数ですがご報告をお願いいたします。

error:Content is protected !!