(協会実技)3級FP 2016年9月 問15

スポンサーリンク

問 15
下記は、「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」の適用対象となる土地についてまとめた表である。下表の空欄(ア)、(イ)にあてはまる数値の組み合わせとして、正しいものはどれか。なお、いずれの小規模宅地等においても、平成27年1月1日以後に開始した相続で、適用要件を満たす相続人が取得し、最大限の適用を受けるものとする。

1.(ア)330 (イ)80
2.(ア)400 (イ)80
3.(ア)400 (イ)50

[解答] 1

[配点] 5
[解説]
特定居住用は330㎡を限度に80%の減額割合となる。この表で暗記するとよい。面積と割合ともに数値の大きい順に並んでいるため、種類の順番だけおさえておけば暗記しやすい。例えば、上から「(減税する)時期(じき)か?」と覚え、「じ」事業用、「き」居住用、「か」貸付、と覚えやすいように工夫すれば、意外に簡単に覚えられるかと。

解答解説

【報告する】誤字脱字・解答解説ミスなど 誤字脱字・解答解説誤りなどございましたら、お手数ですがご報告をお願いいたします。

error:Content is protected !!