3級FP過去問解説(資産設計) 2016年9月 (問17) ライフプランニングの手法

問17

明さんは、定年退職後は、退職金の一部を老後の生活資金に充てようと思っている。仮に、退職一時金のうち2,000万円を年利2%で複利運用しながら20年間で均等に取り崩すこととした場合、毎年の生活資金に充てることができる金額として、正しいものはどれか。なお、下記<資料>の3つの係数の中から最も適切な係数を選択して計算し、円単位で解答すること。また、税金や記載のない事項については一切考慮しないこととする。

<資料:係数早見表(年利2.0%)>

現価係数資本回収係数減債基金係数
20年0.67300.06120.0412

※記載されている数値は正しいものとする。

  1. 1,346,000円
  2. 1,224,000円
  3. 824,000円


[正解] 2 (適切)

[解説]

元金を複利運用しながら取り崩した場合の受取額を求めるには、資本回収係数を使用する。
2,000万円 × 0.0612 = 122.4万円

[要点のまとめ]
ライフプランニングの手法

6つの係数

<係数早見表 年利2.0%>

終価係数現価係数年金終価係数減債基金係数資本回収係数年金現価係数
5年1.1040.9065.2040.1920.2124.713

1. 終価係数
複利運用で元金を運用した場合の将来の受取額を求めるための係数
(例)
 100万円を年利2%で運用した場合の5年後の金額
 1,000,000円 × 1.104 = 1,104,000円
 図解 終価係数
終価係数(6つの係数)

2. 現価係数
将来の目標額を複利運用で達成するための現在の元本を求めるための係数
(例)
 年利2%で5年後に100万円を準備するために必要な現在の金額
 1,000,000円 × 0.906 = 906,000円
 図解 現価係数
現価係数(6つの係数)

3. 年金終価係数
毎年一定額を複利運用で積み立てた場合の将来の受取額を求めるための係数
(例)
 年利2%で毎年20万円を5年間積み立てた場合の5年後の受取額
 200,000円 × 5.204 = 1,040,800円
 図解 年金終価係数
年金終価係数(6つの係数)

4. 減債基金係数
複利運用で将来の目標額を達成するための毎年の積立額を求めるため係数
(例)
 年利2%で5年後に100万円を準備するために必要な毎年の積立額
 1,000,000円 × 0.192 = 192,000円
 図解 減債基金係数
減債基金係数(6つの係数)

5. 資本回収係数
複利で運用しながら元本を取り崩す場合の毎年の受取額や毎年のローンの返済額を求めるための係数
(例)
 年利2%で100万円を運用しながら5年間で取り崩した場合の毎年の受取額
 1,000,000円 × 0.212 = 212,000円
 図解 資本回収係数
資本回収係数(6つの係数)

6. 年金現価係数
複利運用で毎年一定額を受け取る場合に必要な現在の金額を求めるための係数
(例)
 年利2%で5年間20万円ずつ受け取る場合に必要な現在の金額
 200,000円 × 4.713 = 942,600円
 図解 年金現価係数
年金現価係数(6つの係数)

error:Content is protected !!