(協会実技)3級FP 2016年9月 問18

スポンサーリンク

問 18
明さんは、財形年金貯蓄を利用している。そこで財形年金貯蓄について理解を深めておこうと思い、FPの目黒さんに質問をした。財形年金貯蓄に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.加入できるのは55歳未満の勤労者であり、1人1契約である。
2.年金は、60歳以後に終身年金としてのみ受け取れる。
3.受け取る年金は、個人年金保険と同様に雑所得として課税される。

[解答] 1

[配点] 5
[解説]
2 受取期間は、5年以上20年以内となる。保険商品なら、終身年金の受取も可能。よって、「終身年金のみ」ではない。
3 年金以外の受け取りは課税されるが、元本550万円までは非課税である(保険の場合は、払込額385万円まで)。

解答解説

【報告する】誤字脱字・解答解説ミスなど 誤字脱字・解答解説誤りなどございましたら、お手数ですがご報告をお願いいたします。

error:Content is protected !!