(協会実技)3級FP 2016年9月 問19

スポンサーリンク

問 19
祥子さんは、現在、専業主婦で国民年金の第3号被保険者であるが、平成28年10月からある会社においてパートタイマーとして働く予定である。パートタイマーとして働き始めた時点の祥子さんの国民年金の被保険者に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、その時点における祥子さんの年収は100万円未満で、明さんの年収の2分の1未満であるものとし、パート先において厚生年金の被保険者とならないものとする。

1.国民年金の第3号被保険者ではなくなり、第1号被保険者とされる。
2.国民年金の第3号被保険者ではなくなり、第2号被保険者とされる。
3.国民年金の第3号被保険者のままである。

[解答] 3

[配点] 5
[解説]
パート先では厚生年金の被保険者ではないため、第1号か第3号となる。
つまり、夫である明さんの被扶養者になれるかどうかを判断する。
第3号被保険者は、20歳以上60歳未満の者で、年収130万円未満でかつ扶養者の収入の半分未満(同居)である必要がある。よって、第3号被保険者となる。

解答解説

【報告する】誤字脱字・解答解説ミスなど 誤字脱字・解答解説誤りなどございましたら、お手数ですがご報告をお願いいたします。

error:Content is protected !!