(資産設計)3級FP 2017年9月 問14

問14

杉山恵美さん(28歳)が平成28年中に贈与を受けた財産の価額と贈与者は以下のとおりである。杉山さんの平成28年分の贈与税額として、正しいものはどれか。なお、平成28年中において、杉山さんはこれ以外の財産の贈与を受けておらず、相続時精算課税制度は選択していないものとする。

・ 杉山さんの父からの贈与 現金240万円
・ 杉山さんの母からの贈与 現金180万円
※上記の贈与は、住宅取得等資金や教育資金、結婚・子育てに係る資金の贈与ではない。

  1. 540,000円
  2. 370,000円
  3. 365,000円
[解答]3
[解説]

相続時精算課税制度を選択していないため、基礎控除110万円を適用する。基礎控除は贈与者ごとではなく受贈者ごとに適用するため、贈与者が複数いても控除できるのは110万円だけである。
420万円-110万円=310万円
310万円×15%-10万円=36.5万円

[類問]>>3級解答解説一覧


    解答解説[表示]

    当サイトの運営者は、日本FP協会会員で、当サイトは、一般社団法人金融財政事情研究所よりファイナンシャル・プランニング技能試験の利用許諾を得ております。
    【平成30年1月30日許諾番号1801K000003】≫金融財政事情研究会 ≫日本FP協会

    error: Content is protected !!