(資産設計)3級FP 2017年9月 問15

問15

長谷川和博さんは、父親の相続について、相続の放棄を考えている。相続放棄の申述の期限およびその申述先に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。

相続の放棄をするためには、相続の開始があったことを知った時から( ア )以内に、その旨を( イ )に申述しなければならない。

  1. (ア)1ヵ月 (イ)公証役場
  2. (ア)3ヵ月 (イ)公証役場
  3. (ア)3ヵ月 (イ)家庭裁判所
[解答]3
[解説]

相続の放棄をするためには、相続の開始があったことを知った時から( ア 3ヵ月 )以内に、その旨を( イ 家庭裁判所 )に申述しなければならない。

[類問]>>3級解答解説一覧


    解答解説[表示]

    当サイトの運営者は、日本FP協会会員で、当サイトは、一般社団法人金融財政事情研究所よりファイナンシャル・プランニング技能試験の利用許諾を得ております。
    【平成30年1月30日許諾番号1801K000003】≫金融財政事情研究会 ≫日本FP協会

    error: Content is protected !!