(資産設計)3級FP 2017年9月 問18

スポンサーリンク

改正対応|確認済み(2019.1)|

問18

宏光さんは、自宅用マンションの購入に備え、財形住宅貯蓄を利用している。財形住宅貯蓄に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 貯蓄型の財形住宅貯蓄(銀行、証券会社などの財形住宅貯蓄)は、財形年金貯蓄と合わせて元利合計385万円まで非課税となる。
  2. 住宅取得のみでなく、一定の要件を満たせば住宅の増改築でも払出しができる。
  3. 勤労者財産形成促進法の勤労者で、契約申込み時の年齢が55歳未満であれば契約をすることができる。
[解答]1
[解説]

1 貯蓄型の財形住宅貯蓄は、財形年金貯蓄と合わせて元利合計550万円まで非課税となる。

[類問]>>3級解答解説一覧


    解答解説[表示]

    【報告する】誤字脱字・解答解説ミスなど 誤字脱字・解答解説誤りなどございましたら、お手数ですがご報告をお願いいたします。

    error:Content is protected !!