(資産設計)3級FP 2018年1月 問13

問13

平成30年1月7日に相続が開始された藤原浩司さん(被相続人)の<親族関係図>が下記のとおりである場合、民法上の相続人および法定相続分の組み合わせとして、正しいものはどれか。なお、記載のない条件については一切考慮しないこととする。

  1. 優子 1/2 賢一 1/4 節子 1/4
  2. 優子 1/2 賢一 1/6 博司 1/6 隆治 1/6
  3. 優子 1/2 賢一 1/4 博司 1/8 隆治 1/8
[解答]3
[解説]

配偶者と子がいるため、配偶者である優子の法定相続分は1/2となる。
また子の健司は既に死亡しているため、代襲相続が発生し、健司の分を博司と隆治が均等に分ける。
よって、優子1/2、賢一1/4、博司1/8、隆治1/8となる。

[類問]>>3級解答解説一覧


    解答解説[表示]

    当サイトの運営者は、日本FP協会会員で、当サイトは、一般社団法人金融財政事情研究所よりファイナンシャル・プランニング技能試験の利用許諾を得ております。
    【平成30年1月30日許諾番号1801K000003】≫金融財政事情研究会 ≫日本FP協会

    1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
    読み込み中...