(資産設計)3級FP 2018年1月 問20

問20

沙織さんは、現在、専業主婦であり国民年金の第3号被保険者であるが、第二子出産後、子育てがひと段落したらパートタイマーとして働きたいと考えている。パートタイマーとして働き始めた場合の沙織さんの国民年金の被保険者種別に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、パートタイマーとして働き始めた以後の沙織さんの年収は100万円未満で、幸広さんの年収の2分の1未満であるものとし、沙織さんはパート先において厚生年金の被保険者とならないものとする。

  1. 国民年金の第3号被保険者から第1号被保険者となる。
  2. 国民年金の第3号被保険者から第2号被保険者となる。
  3. 国民年金の第3号被保険者のままである。
[解答]3
[解説]

第3号被保険者の収入要件は、
年間収入130万円未満(60歳以上又は障害者の場合は、年間収入180万円未満)かつ
同居の場合 収入が扶養者(被保険者)の収入の半分未満
別居の場合 収入が扶養者(被保険者)からの仕送り額未満
である。
沙織さんの年収が100万円未満で、幸広さんの年収の2分の1未満であれば、第2号被保険者の被扶養者になることができる。よって、第3号被保険者のままとなる。

[類問]>>3級解答解説一覧


    解答解説[表示]

    当サイトの運営者は、日本FP協会会員で、当サイトは、一般社団法人金融財政事情研究所よりファイナンシャル・プランニング技能試験の利用許諾を得ております。
    【平成30年1月30日許諾番号1801K000003】≫金融財政事情研究会 ≫日本FP協会

    1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
    読み込み中...