(資産設計)3級FP 2018年5月 問5

問5

下記<資料>に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる数値の組み合わせとして、正しいものはどれか。
※資料省略

・ この企業の株を1単元(1単位)保有していた場合、2017年3月期における年間の配当金額(税引前)は( ア )円であったことが分かる。
・ 2017年3月期における1株当たりの利益は( イ )円であったことが分かる。

  1. (ア)1,600 (イ)16
  2. (ア)1,600 (イ)▲17.9
  3. (ア)16 (イ)▲17.9
[解答]2
[解説]

(ア)配当金額について、【業績】の「連17.3」行の「1株配(円)」を見ると、「16(円)」とある。1単元は、上段の【株式】に「単位100株」とあるため、1,600円が配当金額となる。
(イ)1株当たりの利益について、【業績】の「連17.3」行の「1株益(円)」を見ると、「▲17.9」とある。

[類問]>>3級解答解説一覧


    解答解説[表示]

    当サイトの運営者は、日本FP協会会員で、当サイトは、一般社団法人金融財政事情研究所よりファイナンシャル・プランニング技能試験の利用許諾を得ております。
    【平成30年1月30日許諾番号1801K000003】≫金融財政事情研究会 ≫日本FP協会

    error: Content is protected !!