3級FP過去問解説(資産設計)2018年9月【問3】経済指標

問3

下記は、経済用語についてまとめた表である。下表の経済用語に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

経済用語 主な内容
( ア ) 日本銀行が景気の現状や先行きの見通しについて企業に直接行うアンケート調査で、全国企業短期経済観測調査の略称であり、年4回、調査・公表される。
( イ ) 消費者が購入するモノやサービスなどの物価の動きを把握するための統計指標で、総務省から毎月発表されている。
( ウ ) 生産、雇用などの経済活動状況を表すさまざまな指標の動きを統合して、景気の現状把握や将来の動向を予測するために内閣府が発表している指標である。
  1. 空欄(ア)に入る用語は、「日銀短観」である。
  2. 空欄(イ)に入る用語は、「消費者物価指数」である。
  3. 空欄(ウ)に入る用語は、「企業物価指数」である。


[正解]  (不適切)

[解説]

経済用語 主な内容
日銀短観 日本銀行が景気の現状や先行きの見通しについて企業に直接行うアンケート調査で、全国企業短期経済観測調査の略称であり、年4回、調査・公表される。
消費者物価指数 消費者が購入するモノやサービスなどの物価の動きを把握するための統計指標で、総務省から毎月発表されている。
景気動向指数 生産、雇用などの経済活動状況を表すさまざまな指標の動きを統合して、景気の現状把握や将来の動向を予測するために内閣府が発表している指標である。

肢3(ウ)は景気動向指数の説明である。
「企業物価指数」は、企業間で取引される商品の価格を反映した物価指数である。

[要点のまとめ]

<経済指標>

GDP 国内で一定期間内に生産されたモノやサービスの付加価値の合計額(海外で生産したモノやサービスの付加価値は含まない)で、内閣府が年4回発表している指標である。
景気動向指数 生産、雇用などの経済活動状況を表すさまざまな指標の動きを統合して、景気の現状把握や将来の動向を予測するために内閣府が発表している指標である。
日銀短観 日本銀行が景気の現状や先行きの見通しについて企業に直接行うアンケート調査で、全国企業短期経済観測調査の略称であり、年4回、調査・公表される。
企業物価指数 企業間で取引される商品の価格変動に焦点を当てた指標であり、日本銀行が公表している。国際商品市況や外国為替相場の影響を受けやすい傾向がある。
消費者物価指数 消費者が購入するモノやサービスなどの物価の動きを把握するための統計指標で、総務省から毎月発表されている。

error: Content is protected !!