3級FP過去問解説(資産設計) 2018年9月 (問4) 金融商品と税金

スポンサーリンク

問4

 下記は、NISA(少額投資非課税制度)の概要についてまとめた表である。下表に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

対象となる金融商品上場株式、株式投資信託、J-REIT(上場不動産投資信託)等
口座開設原則1人1口座
金融機関の変更( ア )
非課税投資枠新規投資額で年間( イ )まで
非課税枠の未使用分翌年以降に( ウ )
  1. 空欄(ア)に入る語句は、「1年単位で可能」である。
  2. 空欄(イ)に入る語句は、「100万円」である。
  3. 空欄(ウ)に入る語句は、「繰り越すことができない」である。


[正解] 2 (不適切)

[解説]

対象となる金融商品上場株式、株式投資信託、J-REIT(上場不動産投資信託)等
口座開設原則1人1口座
金融機関の変更1年単位で可能
非課税投資枠新規投資額で年間(120万円)まで
非課税枠の未使用分翌年以降に(繰り越すことができない
[要点のまとめ]
NISA

    目次

  1. 一般NISAの概要
  2. つみたてNISAの概要

1 一般NISAの概要

概要年間120万円までの売却益・配当金が非課税となる
非課税期間5年
対象者国内に住む20歳以上の人
対象商品上場株式、株式投資信託、ETF、J-REIT(公社債や公社債投資信託は対象外)
備考・非課税枠の繰り越しはできない。
・NISA口座での損失は他の口座との損益通算はできない。
・NISA口座に他の口座にある株式を移管できない。

2 つみたてNISAの概要

対象者国内に住む20歳以上の人
口座開設1人1口座
対象商品条件を満たした投資信託や上場投資信託
基礎知識国債や社債は投資対象商品ではない。
非課税枠年間40万円
最大20年間(800万円)
備考・一般NISAとあわせて運用できない
・途中解約はいつでも可能

【報告する】誤字脱字・解答解説ミスなど 誤字脱字・解答解説誤りなどございましたら、お手数ですがご報告をお願いいたします。

error:Content is protected !!