3級FP過去問解説(資産設計)2018年9月【問7】不動産登記

問7

土地の登記記録において、下表の甲区(ア)、乙区(イ)に記録される事項の組み合わせとして、誤っているものはどれか。なお、問題作成の都合上、表の一部を空欄(***)としている。

<土地登記記録の構成>

土地登記記録 表題部 ***
権利部 甲区 ( ア )
乙区 ( イ )
  1. (ア)抵当権設定登記 (イ)所有権保存登記
  2. (ア)所有権移転登記 (イ)抵当権設定登記
  3. (ア)所有権移転登記 (イ)地上権設定登記


[正解]  (不適切)

[解説]

土地登記記録 表題部 ***
権利部 甲区 所有権移転登記
乙区 抵当権・地上権設定登記
[要点のまとめ]

<不動産登記>
1.不動産登記
・表題部
 不動産の所在地、面積、構造などを記録し、建物を新築したときに登記(表題登記)する。
 表題登記は、1ヶ月以内に行わなければならない。
・権利部(甲区)
 所有権の保存や移転、差押えや仮処分など
・権利部(乙区)
 所有権以外の権利で、抵当権や賃借権など
2.登記簿上の面積
 面積には、壁の中心を結ぶ壁芯面積と壁の内側を結ぶ内法面積があり、登記簿では内法面積で表示される。
3.仮登記
 仮登記は、将来の本登記のために、登記の順位を保全するために行う。
4.登記簿の閲覧
 登記所に手数料を払えば、誰でも登記簿を閲覧することができる。

error: Content is protected !!