3級FP過去問解説(資産設計) 2019年9月 (問4) 金融資産運用総合

スポンサーリンク

問4

 下記<資料>に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、この企業の株価は13,500円であるものとし、購入時の手数料および税金は考慮しないこととする。

  1. 2018年3月期における1株当たりの利益は443.9円である。
  2. この企業の株を1単元(1単位)購入するために必要な資金は135万円である。
  3. この企業の株を1単元(1単位)保有していた場合、2018年3月期における年間の配当金額(税引前)は5,000円である。


[正解] 3 (不適切)

[解説]

  1. 2018年3月期における1株当たりの利益は443.9円である。
  2. [解説]
    「2018年3月期における1株当たりの利益」は、<資料>左下の【業績】に記載されている。
    「18.3」「1株益(円)」から443.9円だとわかる。

  3. この企業の株を1単元(1単位)購入するために必要な資金は135万円である。
  4. [解説]
    「この企業の株を1単元(1単位)購入するために必要な資金」は、設問に「企業の株価は13,500円」とあり、単元株100株から、
     13,500円 × 100株 = 135万円

  5. この企業の株を1単元(1単位)保有していた場合、2018年3月期における年間の配当金額(税引前)は5,000円である。
  6. [解説]
    「2018年3月期における年間の配当金額(税引前)」は、<資料>左下の【業績】に記載されている。
    「18.3」「1株配(円)」から1株あたり配当金は95円なので、
     95円 × 100株 = 9,500円

[要点のまとめ]

【報告する】誤字脱字・解答解説ミスなど 誤字脱字・解答解説誤りなどございましたら、お手数ですがご報告をお願いいたします。

error:Content is protected !!