3級FP過去問解説(資産設計) 2020年9月 (問9) 損害保険の基礎知識

スポンサーリンク

問9

 損害保険の用語に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 再調達価額とは、保険の対象と同等のものを新たに建築または購入するのに必要な金額のことである。
  2. 保険料率とは、契約者から支払われた保険料の総額に対する保険会社が支払った保険金の総額の割合のことである。
  3. 一部保険とは、保険金額が保険の対象の価額(保険価額)に満たない保険のことである。


[正解] 2 (不適切)

[解説]

  1. 再調達価額とは、保険の対象と同等のものを新たに建築または購入するのに必要な金額のことである。
  2. [解説]
    損害保険の保険金額設定では、時価か再調達価額かが重要となる。たとえば住宅火災保険で保険金額を住宅の時価とすると、時価までしか補償されないため、全焼した際に住宅を購入できず、本来の目的を達成することができない。そのため、保険金額を再調達価額にすれば、事故時に同等のモノを購入する金額が補償される。

  3. 保険料率とは、契約者から支払われた保険料の総額に対する保険会社が支払った保険金の総額の割合のことである。
  4. [解説]
    保険料率は、おもに生命保険の分野で学習するが、損害保険も仕組みは同じである。保険料率は、純保険料率と付加保険料率に分けられる。付加保険料率は、保険会社が事業を継続するための費用に充当される保険料を計算するための基礎数値である。そのため、設問のように、「保険会社が支払った保険金の総額」(純保険料率に相当する部分)だけではない。

  5. 一部保険とは、保険金額が保険の対象の価額(保険価額)に満たない保険のことである。
  6. [解説]
    たとえば住宅の価額1,000万円に対して保険金額を800万円にすると、一部保険となり、保険金額と保険価額の割合に応じて保険金が減少する。

[要点のまとめ]
損害保険の基礎知識

    目次

  1. 損害保険の基礎知識

1 損害保険の基礎知識

1. 損害保険料の仕組み

・給付・反対給付均等の原則:保険料は、リスクの大きさや事故確率に見合うものでなければならないという原則
・利得禁止の原則:被保険者が保険金によって利益を得てはならないという原則

2. 保険のかけ方

再調達価額保険の対象と同等のものを新たに建築または購入するのに必要な金額
保険料率保険料率は、純保険料率と付加保険料率に分けられる。純保険料は、保険会社が支払う保険金の原資、付加保険料は保険会社の経費となる。
一部保険保険金額が保険の対象の価額(保険価額)に満たない保険のこと

【報告する】誤字脱字・解答解説ミスなど 誤字脱字・解答解説誤りなどございましたら、お手数ですがご報告をお願いいたします。

error:Content is protected !!