3級FP過去問解説(資産設計) 2021年1月 (問3) 株式

問3

下記<資料>に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる数値または語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。なお、空欄(ア)の解答に当たっては、小数点以下第2位を四捨五入するものとする。


・ この企業の株価が5,500円である場合、2020年12月期の連結業績予想におけるPER(株価収益率)は( ア )倍である。
・ この企業の2020年12月期の連結決算予想では、配当性向(連結)は前期より( イ )している。

  1. (ア) 21.3 (イ) 上昇
  2. (ア) 24.0 (イ) 上昇
  3. (ア) 24.0 (イ) 低下


[正解] 2 (適切)

[解説]

(ア) PER(株価収益率)は、株価 ÷ 1株あたり純利益(EPS) で求める。
株価は問題文より5,500円、1株あたり純利益(EPS)は<資料>の「3. 2020年12月期の連結業績予想」より229.59円である。よって、
 5,500円 ÷ 229.59円 = 23.95・・・
 24.0(倍)となる。

※TY株式会社の場合、<資料>に2020年1月1日~2020年12月31日とあることから、会計年度を4分割すると、1月~3月が第1四半期、4月~6月が第2四半期、7月~9月が第3四半期、10月~12月が第4四半期となる(上場企業は3ヶ月に1度の四半期報告が義務付けられている)。第2四半期とは4月~6月のことだが、(累計)となるため、1月~6月(第1四半期~第2四半期)の業績である。一方、通期は2020年1月1日~2020年12月31日の業績である。

(イ) 配当性向(連結)は<資料>の「2. 配当の状況」で確認できる。
 2019年12月期は、47.9%
 2020年12月期(予想)は、50.1%
 となっており、数値が高いほど良いので、配当性向(連結)は前期より上昇している。

[要点のまとめ]
株式

株価指標

1. PER(株価収益率)(倍)
・株価が1株当たり当期純利益の何倍であるかを示す指標で、同業他社と比べPERが低い銘柄は割安と判断する。
 (算式) 株価 ÷ 1株あたり純利益(EPS)

2. PBR(株価純資産倍率)
・株価が1株当たり純資産の何倍であるかを示す指標で、1倍を下回るか、1倍に近い銘柄ほど割安となる。
 (算式) 株価 ÷ 1株あたり純資産(BPS)

3. ROE(自己資本利益率)(%)
・自己資本は株主が出資した資金のことで、自己資本でどのぐらい利益を上げたかをみる指標である。
 (算式) 税引後当期純利益 ÷ 自己資本 × 100

4. 配当利回り(%)
・株価に対する配当金の割合で、どのくらいの配当金を受け取れるかをみるための指標である。
 (算式) 1株あたり配当金 ÷ 株価 × 100

5. 配当性向(%)
・純利益に対する配当金の割合で、企業が純利益からどのくらい配当金を出しているかをみるための指標である。
 (算式) 配当金総額 ÷ 税引後当期純利益 × 100

error:Content is protected !!