3級FP過去問解説(資産設計) 2021年1月 (問14) 親族・相続・贈与の基礎知識

問14

2021年1月4日に相続が開始された筒井賢太郎さん(被相続人)の<親族関係図>が下記のとおりである場合、民法上の相続人および法定相続分の組み合わせとして、正しいものはどれか。なお、記載のない条件については一切考慮しないこととする。

  1. 由香里 1/2 浩太 1/4 玲花 1/4
  2. 由香里 1/2 浩太 1/6 進平 1/6 玲花 1/6
  3. 由香里 1/2 広樹 1/6 浩太 1/6 玲花 1/6


[正解] 1 (不適切)

[解説]

被相続人の賢太郎さんには配偶者と子がいる。
子のうち、広樹さんは放棄し、万理奈さんはすでに死亡している。すでに死亡している万理奈さんの子である玲花さんは代襲相続人となる。
よって、法定相続人は
・由香里さん、浩太さん、玲花さんの3人となる。
浩太さん、玲花さんは均等に分けるため、法定相続分は
・由香里 1/2 浩太 1/4(1/2 × 1/2) 玲花 1/4(1/2 × 1/2)
となる。

[要点のまとめ]
親族と相続・贈与の基礎知識

法定相続分

相続分には、指定相続分と法定相続分があり、遺言などで被相続人が指定する指定相続分が優先される。民法で定められた各相続人の相続分を法定相続分という。

1. 法定相続分
・第1順位 配偶者1/2 子1/2
・第2順位 配偶者2/3 直系尊属1/3
・第3順位 配偶者3/4 兄弟姉妹1/4

 相続人の順序

相続人の順序

2. 法定相続分のポイント

・相続放棄は最初から相続人ではなかったことになり、代襲相続も発生しない。
・実子と養子の法定相続分に違いはないが、法定相続人の数を数える際には次の制限がある。
 実子がいる場合は養子1人まで
 実子がいない場合は養子2人まで
・半血兄弟姉妹(父母の一方のみ同じ)の法定相続分は全血兄弟姉妹の2分の1である。

error:Content is protected !!