3級FP過去問解説(資産設計) 2021年5月 (問12) 相続税の総額の計算

スポンサーリンク

問12

細川由美さん(55歳)は、相続税の計算における遺産に係る基礎控除額について、FPで税理士でもある千田さんに相談をした。この相談に対する千田さんの回答の空欄(ア)、(イ)にあてはまる数値の組み合わせとして、正しいものはどれか。

[千田さんの回答]
「相続税の計算に当たっては、同一の被相続人から相続または遺贈により財産を取得したすべての者に係る相続税の課税価格の合計額から遺産に係る基礎控除額を控除します。この遺産に係る基礎控除額は、『( ア )万円+( イ )万円×法定相続人の数』の算式によって計算した額となります。」

  1. (ア)2,500 (イ) 500
  2. (ア)3,000 (イ) 600
  3. (ア)5,000 (イ)1,000


[正解] 2 (適切)

[解説]

[千田さんの回答]
「相続税の計算に当たっては、同一の被相続人から相続または遺贈により財産を取得したすべての者に係る相続税の課税価格の合計額から遺産に係る基礎控除額を控除します。この遺産に係る基礎控除額は、『( ア 3,000 )万円+( イ 600 )万円×法定相続人の数』の算式によって計算した額となります。」

[要点のまとめ]
相続税の総額の計算

    目次

  1. 相続税における遺産に係る基礎控除額

1 相続税における遺産に係る基礎控除額

(算式)
 3,000万円 + 600万円 × 法定相続人の数

【報告する】誤字脱字・解答解説ミスなど 誤字脱字・解答解説誤りなどございましたら、お手数ですがご報告をお願いいたします。

error:Content is protected !!