リスクマネジメントと保険制度

3級FP/2021年5月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2021年5月 (36) リスクマネジメントと保険制度

(36) ソルベンシー・マージン比率は、保険会社が、通常の予測を超えて発生するリスクに対し、保険金等の支払余力をどの程度有するかを示す指標であり、この値が( )を下回ると、監督当局による早期是正措置の対象となる。 ...
3級FP/2021年5月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2021年5月 (7) リスクマネジメントと保険制度

(7) 払済保険とは、一般に、保険料の払込みを中止して、その時点での解約返戻金を基に、元契約の保険金額を変えずに一時払いの定期保険に変更する制度である。 解答解説 ...
3級FP/2021年5月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2021年5月 (6) リスクマネジメントと保険制度

(6) 保険業法上の保険募集において、保険募集人が保険契約の締結の媒介を行う場合、保険募集人が保険契約の申込みに対して承諾した時点で当該保険契約は有効に成立する。 解答解説 ...
3級FP/2021年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2021年1月 (6) リスクマネジメントと保険制度

(6) 国内で事業を行う少額短期保険業者と締結した保険契約は、生命保険契約者保護機構および損害保険契約者保護機構による補償の対象とならない。 解答解説 ...
3級FP/2019年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2019年9月 (36) リスクマネジメントと保険制度

(36) 少額短期保険業者による取扱商品は「少額・短期・掛捨て」に限定され、1人の被保険者から引き受ける保険金額の総額は、原則として(  )が上限となっている。 1,000万円 1,200万円 ...
3級FP/2020年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2020年9月 (6) リスクマネジメントと保険制度

(6) 国内銀行の支店において加入した一時払終身保険は、生命保険契約者保護機構による補償の対象である。 解答解説 [正解] ○ (適切) ...
3級FP/2020年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2020年1月 (37) リスクマネジメントと保険制度

(37) 保険法の規定によれば、保険契約者や被保険者に告知義務違反があった場合、保険者の保険契約の解除権は、保険者が解除の原因があることを知った時から( ① )行使しないとき、または保険契約の締結の時から( ② )を経過し...
3級FP/2020年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2020年1月 (36) リスクマネジメントと保険制度

(36) 保険業法で定められた保険会社の健全性を示す(  )は、保険金等の支払余力がどの程度有するかを示す指標であり、この値が200%を下回った場合、監督当局による業務改善命令などの早期是正措置の対象となる。 ...
3級FP/2020年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2020年1月 (6) リスクマネジメントと保険制度

(6) 生命保険契約を申し込んだ者は、保険業法上、原則として、契約の申込日から8日以内であれば、口頭により申込みの撤回等をすることができる。 解答解説 ...
3級FP/2019年5月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2019年5月 (36) リスクマネジメントと保険制度

(36) 保険業法上の保険募集において、( ① )とは、保険募集人が保険契約の勧誘を行い、保険契約の成立は保険会社の承諾による形態を指し、( ② )とは、保険募集人が承諾をすれば、その保険契約が成立する形態を指す。 ...
error:Content is protected !!