不動産と税金

3級FP/2021年5月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2021年5月 (55) 不動産と税金

(55) 個人が自宅の土地および建物を譲渡し、「特定の居住用財産の買換えの場合の長期譲渡所得の課税の特例」の適用を受けるためには、譲渡した年の1月1日において当該譲渡資産の所有期間が( ① )を超えていることや、当該譲渡資...
3級FP/2021年5月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2021年5月 (54) 不動産と税金

(54) 個人が土地を譲渡したことによる譲渡所得の金額の計算において、譲渡した土地の取得費が不明である場合、譲渡収入金額の( )相当額を取得費とすることができる。 5% 10% 15% ...
3級FP/2021年5月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2021年5月 (25) 不動産と税金

(25) 「居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除」の適用を受けるためには、譲渡した居住用財産の所有期間が譲渡した日の属する年の1月1日において10年を超えていなければならない。 ...
3級FP/2021年5月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2021年5月 (24) 不動産と税金

(24) 贈与により不動産を取得した場合、不動産取得税は課されない。 解答解説 [正解] × (不適切) [解説] 相続により不動...
3級FP/2021年1月(個人資産)

3級FP過去問解説(個人資産) 2021年1月 (問11) 不動産と税金

【第4問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問10》~《問12》)に答えなさい。 設例  Aさん(58歳)は、2020年9月、父親が死亡し、アスファルト敷きの月極...
3級FP/2021年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2021年1月 (54) 不動産と税金

(54) 自己が居住していた家屋を譲渡する場合、その家屋に自己が居住しなくなった日から( ① )を経過する日の属する年の( ② )までの譲渡でなければ、「居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除」の適用を受けるこ...
3級FP/2021年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2021年1月 (53) 不動産と税金

(53) 固定資産税における小規模住宅用地(住宅用地で住宅1戸当たり200㎡以下の部分)の課税標準については、当該住宅用地に係る固定資産税の課税標準となるべき価格の(  )の額とする特例がある。 6分の...
3級FP/2019年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2019年9月 (55) 不動産と税金

(55) 所得税において、「特定の居住用財産の買換えの場合の長期譲渡所得の課税の特例」の適用を受けるためには、譲渡資産の譲渡対価の額が(  )以下でなければならない。 6,000万円 8,000万円 ...
3級FP/2019年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2019年9月 (25) 不動産と税金

(25) 固定資産税における小規模住宅用地(住宅用地で住宅1戸当たり200㎡以下の部分)の課税標準については、当該住宅用地に係る固定資産税の課税標準となるべき価格の5分の1の額とする特例がある。 ...
3級FP/2019年9月(個人資産)

3級FP過去問解説(個人資産) 2019年9月 (問11) 不動産と税金

【第4問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問10》~《問12》)に答えなさい。 設例  Aさん(55歳)は、上場企業に勤務する会社員である。2019年2月、X市...
error:Content is protected !!