不動産売却時の税金

3級FP/2021年5月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2021年5月 (55) 不動産と税金

(55) 個人が自宅の土地および建物を譲渡し、「特定の居住用財産の買換えの場合の長期譲渡所得の課税の特例」の適用を受けるためには、譲渡した年の1月1日において当該譲渡資産の所有期間が( ① )を超えていることや、当該譲渡資...
3級FP/2021年5月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2021年5月 (54) 不動産と税金

(54) 個人が土地を譲渡したことによる譲渡所得の金額の計算において、譲渡した土地の取得費が不明である場合、譲渡収入金額の( )相当額を取得費とすることができる。 5% 10% 15% ...
3級FP/2021年5月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2021年5月 (25) 不動産と税金

(25) 「居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除」の適用を受けるためには、譲渡した居住用財産の所有期間が譲渡した日の属する年の1月1日において10年を超えていなければならない。 ...
3級FP/2021年1月(個人資産)

3級FP過去問解説(個人資産) 2021年1月 (問11) 不動産と税金

【第4問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問10》~《問12》)に答えなさい。 設例  Aさん(58歳)は、2020年9月、父親が死亡し、アスファルト敷きの月極...
3級FP/2021年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2021年1月 (54) 不動産と税金

(54) 自己が居住していた家屋を譲渡する場合、その家屋に自己が居住しなくなった日から( ① )を経過する日の属する年の( ② )までの譲渡でなければ、「居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除」の適用を受けるこ...
3級FP/2019年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2019年9月 (55) 不動産と税金

(55) 所得税において、「特定の居住用財産の買換えの場合の長期譲渡所得の課税の特例」の適用を受けるためには、譲渡資産の譲渡対価の額が(  )以下でなければならない。 6,000万円 8,000万円 ...
3級FP/2019年9月(個人資産)

3級FP過去問解説(個人資産) 2019年9月 (問11) 不動産と税金

【第4問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問10》~《問12》)に答えなさい。 設例  Aさん(55歳)は、上場企業に勤務する会社員である。2019年2月、X市...
3級FP/2020年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2020年9月 (25) 不動産と税金

(25) 「被相続人の居住用財産(空き家)に係る譲渡所得の特別控除の特例」の適用を受けるためには、譲渡の対価の額が5,000万円以下でなければならない。 解答解説 ...
3級FP/2019年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2019年1月 (25) 不動産と税金

(25) 「居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除」は、自己が居住していた家屋を配偶者や子に譲渡した場合には、適用を受けることができない。 解答解説 ...
3級FP/2018年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2018年9月 (55) 不動産と税金

(55) 「特定居住用財産の譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例」の適用を受けた場合、損益通算を行っても控除しきれなかった譲渡損失の金額について繰越控除が認められるのは、譲渡の年の翌年以後、最長で(  )以内である。 ...
error:Content is protected !!