住宅ローン

3級FP/2019年9月(資産設計)

3級FP過去問解説(資産設計) 2019年9月 (問18) 住宅取得資金計画

【第7問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問16》~《問20》)に答えなさい。 設例 馬場誠さんは株式会社PKに勤める会社員である。誠さんは間もなく50歳を迎えるこ...
3級FP/2019年5月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2019年5月 (34) 住宅取得資金計画

(34) 中古住宅を取得する際に長期固定金利住宅ローンのフラット35(買取型)を利用するためには、当該住宅の購入価額が消費税相当額を含めて(  )以下である必要がある。 5,000万円 8,000万...
3級FP/2020年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2020年9月 (5) 住宅取得資金計画

(5) 住宅を取得する際に長期固定金利住宅ローンのフラット35(買取型)を利用するためには、当該住宅の建設費または購入価額が消費税相当額を含めて1億円以下である必要がある。 解答解説 ...
3級FP/2020年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2020年1月 (5) 住宅取得資金計画

(5) 住宅金融支援機構と民間金融機関が提携した住宅ローンであるフラット35の融資金利は固定金利であり、その利率は取扱金融機関がそれぞれ独自に決定している。 解答解説 ...
3級FP/2018年5月(資産設計)

3級FP過去問解説(資産設計) 2018年5月 (問18) 住宅取得資金計画

問18 利秋さんは、住宅ローンの繰上げ返済について、FPの長谷川さんに質問をした。住宅ローンの繰上げ返済に関する長谷川さんの次の説明のうち、最も不適切なものはどれか。 「返済期間を変えずに、毎月の返済額を減...
3級FP/2019年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2019年1月 (35) 住宅取得資金計画

(35) 下図は、住宅ローンの( ① )返済方式をイメージ図で表したものであり、図中のPの部分は( ② )部分を、Qの部分は( ③ )部分を示している。 ① 元金均等 ② 利息 ③ 元金 ① 元利均...
3級FP/2018年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2018年9月 (5) 住宅取得資金計画

(5) 住宅ローンの一部繰上げ返済には、一般に、毎月の返済額を変更せずに残りの返済期間を短くする期間短縮型と、返済期間を変更せずに毎月の返済額を減額する返済額軽減型がある。 解答解説 ...
3級FP/2018年5月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2018年5月 (34) 住宅取得資金計画

(34) 住宅ローンの返済方法のうち、元利均等返済方式と元金均等返済方式の利息を含めた総返済金額を比較すると、返済期間や金利などの他の条件が同一である場合、通常、その額は、(  )。 元利均等返済方式の...
3級FP/2018年5月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2018年5月 (5) 住宅取得資金計画

(5) 住宅金融支援機構と民間金融機関が提携した住宅ローンであるフラット35の融資金利は、一律ではなく、取扱金融機関がそれぞれ独自に決定する。 解答解説 ...
3級FP/2018年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2018年1月 (5) 住宅取得資金計画

(5) 住宅ローンの返済方法において元利均等返済方式と元金均等返済方式を比較した場合、返済期間や金利などの他の条件が同一であれば、通常、利息を含めた総返済金額が多いのは、元金均等返済方式である。 ...
error:Content is protected !!