借地借家法

3級FP/2021年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2021年1月 (23) 不動産に関する法令②

(23) 借地借家法において、事業用定期借地権等は、専ら事業の用に供する建物の所有を目的とするものであり、居住の用に供する建物の所有を目的として設定することはできない。 解答解説 ...
3級FP/2019年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2019年9月 (52) 不動産に関する法令②

(52) 借地借家法に規定されている事業用定期借地権等は、もっぱら事業の用に供する建物の所有を目的とし、存続期間を(  )として設定する借地権である。 10年以上20年未満 10年以上50年未満 ...
3級FP/2019年9月(個人資産)

3級FP過去問解説(個人資産) 2019年9月 (問12) 不動産に関する法令②

【第4問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問10》~《問12》)に答えなさい。 設例  Aさん(55歳)は、上場企業に勤務する会社員である。2019年2月、X市...
3級FP/2020年1月(個人資産)

3級FP過去問解説(学科) 2020年1月 (問11) 不動産に関する法令②

【第4問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問10》~《問12》)に答えなさい。 設例  会社員のAさん(58歳)の母親Bさん(82歳)は、15年前に夫(Aさんの...
3級FP/2020年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2020年9月 (52) 不動産に関する法令②

(52) 借地借家法に規定されている定期借地権のうち、いわゆる一般定期借地権では、借地上の建物は用途の制限がなく、存続期間を(  )以上として設定するものであり、その設定契約は公正証書による等書面により作成する。 ...
3級FP/2020年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2020年9月 (21) 不動産に関する法令②

(21) 借地借家法の規定では、定期建物賃貸借契約(定期借家契約)において、貸主に正当の事由があると認められる場合でなければ、貸主は、借主からの契約の更新の請求を拒むことができないとされている。 ...
3級FP/2020年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2020年1月 (51) 不動産に関する法令②

(51) 借地借家法の規定によれば、一般定期借地権、事業用定期借地権等、建物譲渡特約付借地権のうち、(  )の設定を目的とする契約は、公正証書によって締結しなければならない。 一般定期借地権 事業用...
3級FP/2020年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2020年1月 (23) 不動産に関する法令②

(23) 借地借家法の規定では、定期建物賃貸借契約(定期借家契約)の期間満了時、借主から更新の請求があった場合、貸主は、正当の事由がなければ、その更新の請求を拒むことができない。 解答解説 ...
3級FP/2019年5月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2019年5月 (22) 不動産に関する法令②

(22) 借地借家法の規定によれば、事業用定期借地権等の設定を目的とする契約は、公正証書によって締結しなければならない。 解答解説 [正解] ○ (...
3級FP/2019年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2019年1月 (52) 不動産に関する法令②

(52) 借地借家法の規定によれば、建物の賃貸借契約(定期建物賃貸借契約を除く)において、(  )未満の期間を賃貸借期間として定めた場合、期間の定めがない賃貸借とみなされる。 1年 1年6カ月 ...
error:Content is protected !!