宅地建物取引業法

3級FP/2021年5月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2021年5月 (52) 不動産に関する法令①

(52) 宅地建物取引業法において、宅地建物取引業者が依頼者と締結する宅地または建物の売買の媒介契約のうち、専任媒介契約の有効期間は、最長で( )である。 3カ月 6カ月 1年 ...
3級FP/2020年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2020年9月 (53) 不動産に関する法令①

(53) 宅地または建物の売買または交換の媒介契約のうち、( ① )では、依頼者は他の宅地建物取引業者に重ねて媒介の依頼をすることが禁じられているが、( ② )では、依頼者は他の宅地建物取引業者に重ねて媒介の依頼をすること...
3級FP/2020年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2020年1月 (22) 不動産に関する法令①

(22) アパートやマンションの所有者が、当該建物の賃貸を自ら業として行う場合には、宅地建物取引業の免許を取得する必要がある。 解答解説 [正解] ...
3級FP/2019年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2019年1月 (22) 不動産に関する法令①

(22) 宅地建物取引業法の規定によれば、宅地建物取引業者が依頼者と締結する宅地または建物の売買の媒介契約のうち、専任媒介契約の有効期間は、最長で6カ月である。 解答解説 ...
3級FP/2018年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2018年9月 (51) 不動産に関する法令①

(51) 宅地建物取引業法に規定される宅地または建物の売買の媒介契約のうち、(  )では、依頼者は他の宅地建物取引業者に重ねて媒介の依頼をすることができる。 一般媒介契約 専任媒介契約 専属専任...
3級FP/2018年5月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2018年5月 (22) 不動産に関する法令①

(22) 宅地建物取引業者は、買主が宅地建物取引業者ではない宅地・建物の売買の媒介に際して、当該宅地・建物の買主に対して、売買契約が成立するまでの間に、宅地建物取引士をして、宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項につい...
3級FP/2018年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2018年1月 (52) 不動産に関する法令①

(52) 宅地または建物の売買または交換の媒介契約のうち、( ① )では、依頼者は他の宅地建物取引業者に重ねて媒介の依頼をすることが禁じられるが、( ② )では、依頼者は他の宅地建物取引業者に重ねて媒介の依頼をすることがで...
3級FP/2018年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2018年1月 (21) 不動産に関する法令①

(21) 宅地建物取引士が宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項の説明をするときは、説明の相手方に対し、宅地建物取引士証を提示しなければならない。 解答解説 ...
3級FP/2017年5月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2017年5月 (52) 不動産に関する法令①

(52) 宅地建物取引業法の規定によれば、宅地また建物の取引について宅地建物取引業者が依頼者と締結する媒介契約のうち、専任媒介契約の有効期間は、最長で(  )である。 3カ月 6カ月 1年 ...
3級FP/2016年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2016年9月 (22) 不動産に関する法令①

(22) 宅地建物取引業者は、自ら売主となり宅地建物取引業者でない買主との間での宅地または建物の売買契約の締結に際して、代金の額の2割を超える額の手付を受領することができない。 解答解説 ...
error:Content is protected !!