建築基準法

3級FP/2021年1月(個人資産)

3級FP過去問解説(個人資産) 2021年1月 (問10) 建築基準法

【第4問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問10》~《問12》)に答えなさい。 設例 Aさん(58歳)は、2020年9月、父親が死亡し、アスファルト敷きの月極駐車場...
3級FP/2021年1月(資産設計)

3級FP過去問解説(資産設計) 2021年1月 (問5) 建築基準法

問5 建築基準法に従い、下記<資料>の土地に建築物を建築する場合の延べ面積(床面積の合計)の最高限度として、正しいものはどれか。なお、記載のない条件については一切考慮しないこととする。 360㎥ 2...
3級FP/2021年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2021年1月 (52) 建築基準法

(52) 都市計画区域内にある幅員4m未満の道で、建築基準法第42条第2項により道路とみなされるものについては、原則として、その中心線からの水平距離で(  )後退した線がその道路の境界線とみなされる。 ...
3級FP/2021年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2021年1月 (51) 建築基準法

(51) 建築基準法上、第一種低層住居専用地域内においては、原則として、(  )を建築することができない。 共同住宅 ホテル 老人ホーム 解答解説 ...
3級FP/2019年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2019年9月 (54) 建築基準法

(54) 建築物が防火地域および準防火地域にわたる場合においては、原則として、その全部について(  )内の建築物に関する規定が適用される。 防火地域 準防火地域 敷地の過半が属する地域 ...
3級FP/2019年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2019年9月 (53) 建築基準法

(53) 建築基準法の規定では、都市計画区域および準都市計画区域内の建築物の敷地は、原則として、幅員( ① )以上の道路に( ② )以上接しなければならない。 ① 2m ② 1.5m ① 4m ② ...
3級FP/2019年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2019年9月 (24) 建築基準法

(24) 建築基準法において、建築物の敷地が2つの異なる用途地域にわたる場合、その建築物またはその敷地の全部について、敷地の過半の属する用途地域の建築物の用途に関する規定が適用される。 解答解...
3級FP/2019年5月(個人資産)

3級FP過去問解説(個人資産) 2019年5月 (問10) 建築基準法

【第4問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問10》~《問12》)に答えなさい。 設例 会社員のAさん(57歳)は、11年前に父親の相続により取得した甲土地を所有して...
3級FP/2019年9月(個人資産)

3級FP過去問解説(個人資産) 2019年9月 (問10) 建築基準法

【第4問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問10》~《問12》)に答えなさい。 設例 Aさん(55歳)は、上場企業に勤務する会社員である。2019年2月、X市内の実...
3級FP/2020年1月(個人資産)

3級FP過去問解説(個人資産) 2020年1月 (問10) 建築基準法

【第4問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問10》~《問12》)に答えなさい。 設例 会社員のAさん(58歳)の母親Bさん(82歳)は、15年前に夫(Aさんの父親)...
error:Content is protected !!