所得の種類①

3級FP/2021年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2021年1月 (48) 所得の種類①

(48) 所得税において、2020年中に取得した建物(鉱業用減価償却資産等を除く)に係る減価償却の方法は、(  )である。 定額法 定率法 定額法および定率法 ...
3級FP/2021年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2021年1月 (47) 所得の種類①

(47) 国内において支払を受ける預貯金の利子は、原則として、所得税および復興特別所得税と住民税の合計で( ① )の税率による( ② )分離課税の対象となる。 ① 10.21%   ② 申告 ① 2...
3級FP/2019年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2019年9月 (16) 所得の種類①

(16) 所得税において、交通機関を利用して通勤している給与所得者に対し、勤務先から通常の給与に加算して支払われるべき通勤手当は、最も経済的かつ合理的と認められる運賃等の額で、月額15万円を限度に非課税とされる。 ...
3級FP/2019年9月(資産設計)

3級FP過去問解説(資産設計) 2019年9月 (問11) 所得の種類①

問11  会社員の大下さんの2019年分の収入は下記<資料>のとおりである。大下さんの2019年分の給与所得の金額として、正しいものはどれか。なお、<資料>に記載のない事項については一切考慮しないこととする。 <資料...
3級FP/2020年1月(資産設計)

3級FP過去問解説(資産設計) 2020年1月 (問11) 所得の種類①

問11  個人事業主として不動産賃貸業を営む山本さんは、FPで税理士でもある倉田さんに2019年分の所得税より確定申告書の作成を依頼することにした。山本さんの2019年分の収入および必要経費が下記<資料>のとおりである場合...
3級FP/2020年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2020年9月 (47) 所得の種類①

(47) 下記の<資料>において、所得税における不動産所得の金額の計算上生じた損失の金額のうち、他の所得の金額と損益通算が可能な金額は、(  )である。 <資料>不動産所得に関する資料 総収入金...
3級FP/2020年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2020年9月 (19) 所得の種類①

(19) 土地は、減価償却資産ではない。 解答解説 [正解] ○ (適切) [解説] 土地は、建物と異なり、消耗しないため、減価償...
3級FP/2020年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2020年9月 (18) 所得の種類①

(18) 物品販売業を営む個人事業主の事業所得の金額の計算において、商品の売上原価は、「年初(期首)棚卸高+年間仕入高-年末(期末)棚卸高」の算式により求められる。 解答解説 ...
3級FP/2020年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2020年1月 (17) 所得の種類①

(17) 所得税において、事業的規模で行われている賃貸マンションの貸付による所得は、不動産所得となる。 解答解説 [正解] ○ (適切) ...
3級FP/2019年5月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2019年5月 (47) 所得の種類①

(47) 所得税において、2019年中に取得した建物(鉱業用減価償却資産等を除く)に係る減価償却の方法は、(  )である。 定率法 定額法 定率法と定額法の選択 ...
error:Content is protected !!