所得の種類②

3級FP/2021年1月(資産設計)

3級FP過去問解説(資産設計) 2021年1月 (問11) 所得の種類②

問11 会社員の室井さんは、2020年中に勤務先を定年退職した。室井さんの退職に係るデータが下記<資料>のとおりである場合、室井さんの所得税に係る退職所得の金額として、正しいものはどれか。なお、室井さんは役員であったことは...
3級FP/2021年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2021年1月 (25) 所得の種類②

(25) Aさんが、取得日が2015年10月1日の土地を譲渡する場合、その譲渡日が2020年1月1日以降であれば、当該譲渡は、所得税における長期譲渡所得に区分される。 解答解説 ...
3級FP/2021年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2021年1月 (16) 所得の種類②

(16) 退職手当等の支払を受ける個人がその支払を受ける時までに「退職所得の受給に関する申告書」を提出した場合、その支払われる退職手当等の金額に20.42%の税率を乗じた金額に相当する所得税および復興特別所得税が源泉徴収さ...
3級FP/2019年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2019年9月 (17) 所得の種類②

(17) 所得税において、公的年金等に係る雑所得の金額は、その年中の公的年金等の収入金額から公的年金等控除額を控除して計算する。 解答解説 [正解...
3級FP/2019年5月(資産設計)

3級FP過去問解説(資産設計) 2019年5月 (問16) 所得の種類②

【第7問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問15》~《問20》)に答えなさい。 設例  山岸康太さんは株式会社KNに勤務する会社員である。康太さんは定年を2年後に控...
3級FP/2019年5月(資産設計)

3級FP過去問解説(資産設計) 2019年5月 (問12) 所得の種類②

問12  飯田さんは2011年に取得した土地(居住用ではない)を譲渡した。譲渡に係る状況が下記<資料>のとおりである場合、譲渡所得に係る所得税額として、正しいものはどれか。なお、<資料>に記載のない条件については一切考慮し...
3級FP/2020年9月(資産設計)

3級FP過去問解説(資産設計) 2020年9月 (問12) 所得の種類②

問12  宮本さんは、20年前に購入し、現在居住している自宅の土地および建物を売却する予定である。売却に係る状況が下記<資料>のとおりである場合、所得税における課税長期譲渡所得の金額として、正しいものはどれか。 <資料>...
3級FP/2020年9月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2020年9月 (48) 所得の種類②

(48) 所得税における一時所得に係る総収入金額が1,200万円で、その収入を得るために支出した金額が500万円である場合、総所得金額に算入される金額は、(  )である。 325万円 650万円 7...
3級FP/2020年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2020年1月 (54) 所得の種類②

(54) 個人が土地・建物を譲渡したことによる譲渡所得の金額の計算において、譲渡した土地・建物の取得費が不明である場合、譲渡収入金額の(  )相当額を取得費とすることができる。 3% 5% 10...
3級FP/2020年1月(学科)

3級FP過去問解説(学科) 2020年1月 (47) 所得の種類②

(47) 36年間勤務した会社を定年退職した給与所得者の所得税における退職所得の金額を計算する際の退職所得控除額は、(  )となる。 800万円 + 70万円 × (36年 - 20年) × 1/2 =...
error:Content is protected !!